ライン

審判委員会

ライン




審判委員会より

深谷市サッカー連盟 審判委員会 橋本竜二 

 

「正しい判定とゲームコントロール・選手とのコミュニケーション」を目指して日々チャレンジ

 

現在9名の活動部員(2級3名・3級5名・4級1名)から構成。

各種大会への審判派遣、新規・更新審判講習等の開催を行っています。

各チーム帯同審判員の方々にご協力を頂きとても感謝致しております。

[深谷市から2級審判員へ]

小沼敦 橋本修 橋本竜二(敬称略) 3名が2級審判資格を取得

全国大会(第4審判員)、関東大会(レフリー、アシスタント)、県内各種大会等

それぞれ現在も活躍されています。

[現状の問題と今後の課題]

 最近は各年代(カテゴリー)でチーム数が増え、且つ大会形式がトーナメント戦からリーグ戦へ替わりゲーム数も増えています。選手個々の技術も年々レベルアップしています。しかし審判員の人数、ゲームコントロールの技術はどうでしょうか?それでも審判不在ではゲームが成り立ちません。

 深谷市でも毎年50名程が新規取得講習を受け審判員として仲間入りしていますが、取得しても残念ながら更新を行わず資格を失効してしまう人も沢山います。継続している人も新しく取得した人も、チーム帯同審判活動で終り連盟(審判委員会)としての協力を行って頂ける人を探すのは大変難しいのが現状です。

 ゲームコントロール=審判技術を上げるとは、先ずは高いレベルの試合にチャレンジすることから始まると思います。個々の技術は経験と一緒に身に付いてくるでしょう。レベルの高いゲーム(選手)を判定することで審判も技術アップします。 今後審判委員会の課題は、魅力ある審判委員会、審判仲間(審判員)の増やすと共に若手育成と考えています。さらに、サッカー連盟の発展に貢献して行きたいと思います。

深谷市サッカー連盟 審判委員会

橋本竜二(委員長) 橋本修(副委員長) 小沼敦(副委員長)

島崎義雄 鈴木靖人 遠山征弘 高橋哲男 田村哲男 福地明裕

 

小沼敦(2級審判員)

全日本少年サッカー大会

JL日本フットボールリーグ

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会

県北社会人審判割当担当

 

橋本修(2級審判員)

Jリーグ サテライトリーグ

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会

県北少年審判委員長

 

橋本竜二(2級審判員)

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会

彩の国まごころ国体・デモンストレーション高校女子サッカー大会

埼玉県クラブユース連盟 審判委員

37(20081019)






Copyright (C) FUKAYA FOOTBALL ASSOCIATION. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt